古物商許可証の申請(取得方法・取り方)Top >  古物商許可証の基礎知識 >  古物商の種類

スポンサードリンク

古物商の種類

古物商許可証では、主に取扱う古物の種類を申請しなければなりません。
古物の種類は以下のとおりです。


●美術品類
書画、彫刻、工芸品、オルゴール、刀剣など

●衣類
和服類、洋服類など

●時計、宝飾品類
時計、眼鏡(メガネ)、宝石類、装身具類、貴金属類

●自動車
自動車、自動車部品

●自動二輪及び原動機付自転車
自動二輪、軽二輪、原動機付き自転車、これらの部品

●自転車類
自転車、自転車部品

●写真機類
写真機(カメラ)、光学器類等(顕微鏡、双眼鏡)

●事務機類
計算機、謄写機、事務用電子計算機、レジスター等

●機械工具類
電機類、工作機械、土木機械、化学機械類、工具類

●道具類
家具、運動用具、磁気記録媒体、楽器、じゆう器等

●皮革、ゴム製品等
皮製のカバン・財布・ベルト、靴類

●書籍
辞書等の一般図書類(古本など)

●金券類
商品券、乗車券、郵便切手類


以上が古物の種類ですが、


この他に、古物と間違いやすいものとして、金の延棒・ポスター・古銭等などがありますが、
いずれも、古物にあたりませんので、注意してください。


90日で月30万円を稼ぐ方法!スーパー古物商になると決めた人間だけが知ることを許された究極のスキル

関連エントリー

古物商許可証の申請(取得方法・取り方)Top >  古物商許可証の基礎知識 >  古物商の種類

カスタム検索

おすすめ


Subscribe with livedoor Reader